Home

Vice 映画 クリスチャンベール

See full list on front-row. クリスチャン・ベール(Christian Bale)の化けっぷりが評判のアダム・マッケイ(Adam McKay)監督最新作です。若干の投資知識が必要だった前作「マネー・ショート」と違って気軽に笑えるコメディ映画です。. 16610円 タレント ポスター 映画ポスター バイス Vice クリスチャン ベール 副大統領 ディック チェイニー インテリア アート おしゃれ フレームなし ADV-片面 オリジナルポスター. 映画【バイス】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「影の大統領をクリスチャン・ベールが熱演」 SAKATSURUMA 4月 7, / 6月 24, (C) vice 映画 クリスチャンベール ANNAPURNA PICTURES, LLC. ジョージ・w・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描く社会派ドラマ。アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレルをはじめ、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスタッフ・キャストが再び集結。. See full list on wired. (´;ω;) これからは. 表は完璧なエリート、裏は殺人を繰り返すサイコパスな男を演じたクリスチャンは、引き締まったボディを露わにさせるシーンがあったこの役作りのために、数ヵ月間も生活のほとんどをワークアウトと日焼けに費やしたと英The Gurardianに語っている。 クリスチャン史上最もムキムキと言えるボディを手に入れた当時を、本人は「筋肉が大きくなればなるほど脳みそが小さくなる気がする」となんとも冷静な分析している。.

またもクリスチャン・ベールがやってくれました! これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたクリスチャン・ベールが、映画『バイス』でも体重を20キロ増やして髪を剃り、アメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを熱演。 第91回アカデミー賞に作品賞. これまでにアカデミー賞主演男優賞・助演男優賞で3回ノミネートされ、年に助演男優賞に輝いた俳優のクリスチャン・ベール。 ジョージ・W・ブッシュ政権をイラク戦争に導いた影の権力者と言われる元米副大統領ディック・チェイニー役を熱演した映画『バイス』は、年開催の第91回アカデミー賞で主演男優賞ほか主要部門を含む8部門にノミネートされた。 年のオスカーで4回目のノミネートとなるクリスチャンは、ディック・チェイニー役を演じるために約18㎏も増量。 役作りで大幅な体重増減を繰り返すことで知られているクリスチャンは、今回の役作りで初めて医師の指導を受けたことを番組『CBS This Morning』に明かしている。 自身の健康をリスクにさらしてでも役作りを徹底して、激太りしたり激やせしたりするクリスチャン。そんなクリスチャンの「カメレオンボディ」がわかる映画を厳選してふり返る。 クリスチャン・ベールのプロフィール 1974年1月30日・英ウェールズ・ペンブルックシャー生まれ。母は元サーカスのパフォーマー、姉は女優と、クリエイティブな血筋。10歳で俳優を目指し、13歳のときにテレビ映画『アナスタシア/光・ゆらめいて』で俳優デビュー。同年にスティーヴン・スピルバーグ監督映画『太陽の帝国』にて映画スクリーンデビューする。1991年にサイコパスの投資家を演じた映画『アメリカン・サイコ』で脚光を浴び、若手の実力派俳優として認められる。年にクリストファー・ノーラン監督によるバットマン3部作に主演。同3作はクリスチャンのキャリア史上最高の興行収入を稼ぎ出した作品トップ3を占める(年現在)。薬物に溺れた天才ボクサーを演じた年の映画『ファイター』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の助演男優賞を受賞している。 クリスチャンが激変する映画まとめ. クリスチャン・ベール「ただのモノマネは嫌だった」 主演映画『バイス』役作りを語る | あなた好みの映画が見つかる。. とはいえ、この映画を見てまず滅入ってしまうのは、この若きチェイニーが成り上がっていく展開であり、その第一印象は、ホワイトハウス、裏口がありすぎだろ!というものだった。 端的に、猟官制のヤバさを痛感させられた。政府高官を大統領の好きなように任命できる──といっても上院の承認は必要だが──猟官制という、前政権の高官たちを総入れ替えできる制度に伴う、いかんともしがたい破廉恥さとでもいえばよいか。 アメリカ政府という「パワー=(権)力」を掌握するのに、アメリカン・デモクラシーの建前である「民主的選挙」を全く経ることなしに、つまり一般の人びとに自ら語りかけることなどなく、ただ権力に接近し、あわよくば自らの手中にその力を収めるための近道、というか「裏口」が、大統領候補者という神輿を担いで政権入りするルートである。その狡猾さがよくわかる物語だ。 以前から、どうしてアメリカでは30代や40代の、日本でなら中間管理職を務めるような経験ある人物が、そのキャリアを放り出して選挙キャンペーンのスタッフとして参画するのか、疑問だったのだが、これならよくわかる。見事勝利を収めれば、スタッフには功労賞として官職が与えられるからだ。いわば中世における王位簒奪の戦争であって、主君が王になれば、褒美に爵位と城を貰い受けるようなものだ。だから、選挙スタッフとは現代の騎士なのだ。年代になって大統領選の季節になるたびにドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が引き合いに出されるのも納得できる。まさに七王国の間での政争なのだ。 仕えた主とともにのし上がっていったチェイニーの様子は、まさにこれだ。ニクソン政権で、下院議員からホワイトハウス入りしたドナルド・ラムズフェルドの下で、たまたまインターンをしたことが、旗本/従士チェイニーの出発点だった。他でもない政治家としての彼の本質が形成されたのは、はるか昔の、70年代のニクソン/フォード時代のホワイトハウスだったのだ。 一度知ってしまった権力という「甘い蜜」を忘れ去ることなどできない。ラムズフェルド&チェイニーの師弟コンビは、ウォーターゲート事件でリチャード・ニクソンが辞任した後、副大統領から大統領に昇格したジェラルド・フォードのホワイトハウスを手玉に取ることを画策する。 PHOTO: © ANNAPURNA PICTURES, LLC. この映画を見て、チェイニーが悪魔のような男だったと切り離して考えるべきではなく、いつどこで起きてもおかしくない話だと考えるべきです。 トランプ政権の現副大統領のマイク・ペンス氏が、当時イラク戦争に賛成していた本人映像で出てくるのも意図的なものでしょう。 それに、権力の暴走は政治に限った話でもありません。 そしてエンドロールの中盤にあるおまけ映像がさらにこちらに冷や水を浴びせてきます。 「今は問題意識持っても、また結局楽しいことに逃げるんだろ?」と言われているかのようなシーンなので、ぜひ最後まで席を立たずご確認ください。 恐ろしい話ですが、それを真っ向から批判して問題提起してくれるアダム・マッケイのような作家がいるということがまだ救いですね。 日本でもそういう姿勢を持った監督の出現が待たれます。.

ところで、映画は、この時代までのチェイニーの経歴を、まさに彼の成り上がりを後押しした、アメリカ社会の「保守化」の動きと合わせて描いていた。 この「保守の台頭」の描写は、コンパクトながら極めてよくできていて、今でも共和党議員の政策の形成に甚大な影響力をもつヘリテージ財団などの保守系シンクタンクが誕生する描写や、トリクルダウン理論によって富裕者減税を実現させた1986年の税制改正──これはアメリカ議会史上の快挙としてしばしば政治学の教科書で取り上げられるほどのもの──の実施などが扱われる。ちなみに、このときの税制改正が、今日の「1%と99%の分裂」を生んだとされ、年現在、民主党が再び富裕者への所得税率の上昇を政策として真剣に考えるようになった原点である。このあたりに、監督のマッケイ見るところの「現代アメリカ社会に政治的混乱をもたらした保守革命」という本作の主題が見え隠れする。 もっとも、現在のアメリカ政治の「二極化」ぶりへとつながるという点では、チェイニーが下院議員であった1987年になされた「フェアネスドクトリンの撤廃」が大きい。これにより、報道の「公正さ(フェアネス)」の縛りがなくなり、いわゆる「意見報道」がアメリカのメディア報道で解禁された。この決定は、後に保守派の偏向報道で知られるFox Newsを誕生させ、その台頭は、もともとは公正報道を目指して設立されたはずのMSNBCやCNNをリベラルに偏向したニュースチャンネルに変えていくことを促した。 今から見れば、この「フェアネスドクトリンの撤廃」が、インターネットの登場を経て、現代のトランプ時代の、事実などない全て意見だ、という見方が大手を振って通用する、ソーシャルメディアを舞台にした「ポスト・トゥルース」時代を用意したことになる。 映画の中では80年代の時点で、連邦政府の要人たちに対して、共和党寄りの保守系報道機関をつくろうと主張してまわる、後のFox Newsの設立者であるロジャー・エイルズ──彼はニクソン大統領のメディア補佐官でもあった──の姿も見られた。エイルズはドナルド・トランプとも長い交友関係をもっていたが、最後はいわゆる#MeTooムーブメントの中、セクハラ疑惑でFox NewsのCEOを追われ、年に亡くなった。このエイルズのように、一瞬の登場ではあるが、あぁ、このときにすでにあ. それと、クリスチャンベール氏が出演している作品を他にも見てみたいという方は u-nextなら31日間無料で映画やドラマを見ることができます。 クリスチャン・ベール氏の名前で検索したところ、映画作品が19件ヒットしました。. ところで、ここまで来るともはや明らかだろうが、この『VICE』という映画は、一見ドキュメリー映画のように見えるが、その実、ハリウッド・リベラルによる共和党の糾弾を目的にした風刺映画である。この位置づけは、監督のマッケイ自身も公に認めている。 とはいえ、オリバー・ストーンやマイケル・ムーアのように、直接的に監督の主義主張を描くプロパガンダ映画というわけではない。そこは、さすがは『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』あがりのマッケイらしく、一流のコメディなのである。SNL以来の盟友ウィル・フェレルが製作陣に名を連ねているところからもわかるように、いわばSNLの豪華劇場版だ。 もっとも、コメディショーのフォーマットは、現代の「炎上上等」のソーシャルメディア時代にふさわしいものともいえる。批判者の容赦ない反論を予期した上で、というよりも、むしろ口汚い批判が確実にあると見越した上で、それらの反論を含めて無効化するような語り口を展開する。そのためところどころに自己批判としてのセルフパロディも組み込まれる。そうして、自分自身をも笑い飛ばすことで、粘着質でエクストリームな批判者からの非難の声も宙吊りにしてしまう。 ある意味で、万能で無敵のフォーマットが現代のコメディショーだ。ソーシャルメディアによって誰もが脊髄反射的で同語反復的な行動を取り、それも多くの場合、誰かが言ったことをただリピート(リツイート/いいね!)して見た目を膨らませるだけの「ポスト・トゥルース」の時代において、ふさわしい語り口といえる。 実際、この映画に対しては、確かにクリスチャン・ベールの怪演には目を見張るものの、素晴らしいのはそこだけで、「バイオピック(bio-pic:伝記映画)」としては、事実に反した描写や、わざと描写を外したところがあり不適切だという「酷評」が、主には共和党関係者によって即座にあげられていた。だか、彼らがそう思うのは、本作がCNNやC-SPANのフッテージ映像を取り込んだり、スマートフォンで撮影したような縦長の写真を組み込んだりしているところを見て、この映画を事実を伝えるドキュメンタリーとして誤認してしまったからだ。 だが、「事実と違う」というそのような反応は、製作サイドからすればすでに織り込み済みなのだ。それはこの映画を最後まで見れば容易に理解できることであり、そのためのちょっとした. 俳優クリスチャン・ベールが主演を務め、ブラピが製作を務める映画「VICE(原題)」が、来年4月に全国公開されることが決定しました。ベールといえば、これまでも役に応じて体重を自由自在に増減させる”カメレオン俳優”として有名。またハリウッドのトップ俳優としてのプロ根性を持つ. 謎の不眠症に悩まされて衰弱していくキャラクターを演じるにあたり、クリスチャンは周りに止められるまで減量を続け、約29㎏も体重を減らした。 ガリガリになるほど痩せた時の気持ちを、クリスチャンは「ガリガリだと階段を上ぼるのも怖くなる. しばしばトランプの登場によって、ジョージ・W・ブッシュが再評価され、Wの時代はまだよかった、などという声もアメリカでは聞かれるようになった。そうして、Wにとどまらず、彼の政権スタッフに対しても懐かしむような視線の語りも増えてきた。 だが、だからといって、彼らのなしたおよそ「人の道を踏み外した」ような所作まで忘却されてよいわけではないとマッケイは考える。チェイニーが、ルールの穴を突いて行ったアメリカ民主政のマニピュレートまで不問に付してはいけない。大統領執行特権理論(UET)のおかげで「違法ではない」のかもしれないが、だからといって、道義的な世界、まさに人が人たり得る条件の前で許されるかどうかは、また別問題だ。そのような人間の倫理を問うところは、アダム・マッケイが前作の『マネー・ショート』で描いた「市場の大暴落に賭ける虚しさ」と並行的だ。 要するに、あなたよりもひどい人物が現れたからと言って、あなたの行なったことがよかったことになるわけではない。それは単純に、歴史がもたらす「錯覚」でしかないのだ、と。 PHOTO: © ANNAPURNA PICTURES, LLC.

過去、映画鑑賞しても記録しておらず. . 、ボストンなど、東部アメリカの大都会に住むエリートたちが社会を牛耳る時代だった。 そんな時代に、(東部ではなく)北西部のワイオミングの田舎で、(男性ではなく)女性のリンには上昇する手だてがなかった。「反抗の時代」といっても、60年代は「反抗の狼煙をあげた」だけのこと。現実は、反抗対象となった(旧)体制が強固に立ち塞がっていた。「反抗の狼煙」が実際に成果を持ち始めたのは、一世代進んでようやく90年代あたりになってからのことだった。 リンは成績優秀で上昇志向のある女性だったが、しかし、当時のアメリカ社会では、まだ女性の社会進出は認められていなかった。イェールも彼女を受け入れなかった。そこで、リンが考えたのが夫のディックをのし上がらせることだった。というか、彼に託すしか、今の超田舎であるワイオミング──なにしろ州全体でも人口が58万人と全米で最も少なく、連邦下院には一議席しか割り当てられていない──の生活から抜け出すことができなかったからだ。要するに、女では権力を握れないから男を利用する、という構図だ。 PHOTO: © ANNAPURNA PICTURES, LLC. 天才的な詐欺師役を演じたクリスチャンは、いかにも成り金なルックスを再現するために約20㎏増量した。 これまでの作品と違い、ぽっちゃり体型になるために増量したクリスチャンは「ドーナツとチーズバーガーをたくさん食べた。手に取れるものは何でも食べた」といい、「84㎏から103㎏までいった」と米Peopleに語っている。 (フロントロウ編集部). · 映画は1963年から始まる。へべれけに酔ったディック・チェイニーが交通違反の取締りに遭い、ふらつく足で車から降りる。.

クリスチャン・ベールの新作映画、写真、画像、動画、関連ニュースの情報。父親は金融アドバイザー、母親はダンサー。姉の影響で子役として. 【日本公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Vice 【製作】 ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クレイマー、ウィル・フェレル 【製作・脚本・監督】 vice 映画 クリスチャンベール アダム・マッケイ 【キャスト】 クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、ジェシー・プレモンス、アリソン・ピル、リリー・レーブ、タイラー・ペリー、ジャスティン・カーク、リサ・ゲイ・ハミルトン、シェー・ウィガム、エディ・マーサン 【作品概要】 ブッシュ政権の副大統領にフォーカスを当てた本作。 史上最強の副大統領を、20キロ増量したクリスチャン・ベールが怪演しました。 その他、妻リン・チェイニーをエイミー・アダムス、ブッシュ大統領をオスカー俳優サム・ロックウェル、チェイニーの師匠ラムズフェルドをスティーブ・カレル、パウエル国務長官をコメディアンのタイラー・ペリーが演じ、かなりのそっくり具合を見せます。 監督は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』()でもブッシュ政権下でのリーマンショックを風刺的に描いたアダム・マッケイ。. Ad Did You Check eBay?

過去にもマシニストという映画で体重を激減させ、その後すぐにバットマンの撮影のために体重を元に戻した体当たり俳優クリスチャンベールさん、この映画でも体重を20kg近く増量させるという肉体改造はもはや脱帽ですアカデミー賞 バイス vice 映画 クリスチャンベール pic. 世の中は厳しいもので、全力を尽くしても報われるとは限らない。しかしクリスチャン・ベイルは、もう何十年も全力投球を続けている。我々は. (C) ANNAPURNA PICTURES, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. アダム・マッケイ監督最新作『vice』(原題)が日本で来年4月より公開されることが分かった。主演はクリスチャン・ベール、製作はブラッド. クリスチャン・チャールズ・フィリップ・ベール(Christian Charles Philip Bale, 1974年 1月30日 - )は、イギリス出身のアメリカ合衆国の俳優。主にハリウッドで活躍している。. クリスチャン・ベール主演 × アダム・マッケイ監督 × ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した本作は、ジョージ・w・ブッシュ政権(-09)でアメリカ史上最も権力を持った副大統領、ディック・チェイニーを. .

アカデミー賞®受賞(メイクアップ&ヘアスタイリング賞)!米史上最強で最凶なチェイニー副大統領(バイス)!クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チーム再集結!年4月5日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国. クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した最新作『バイス』の公開初日が、4月5日(金)に決定し、日本語字幕付き海外版予告が解禁された。. · チェイニー副大統領役のクリスチャン・ベールが社会派エンタメ『バイス』(原題 vice )について語った© annapurna pictures, llc. クリスチャン・ベールに至っては体重を20キロも増やして、頭髪・メイクの造りに毎日5時間も掛けたというから頭が下がる。 わたしが東映の任侠やくざ映画に携わり始めた1963年、青年チェイニーは自堕落で大学を中退。. クリスチャン・ベール主演作『vice』(原題)アメリカ史上最も権力を持った副大統領を描く 映画『バイス』が第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞ほか最多6部門ノミネート! gg賞最多ノミネート!アダム・マッケイ監督最新作.

映画『バイス』が、年4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国の劇場にて公開される。「副」「代理補佐」の他に「悪」の意味も持つ「vice. jp/vice/VIDEO: © ANNAPURNA vice 映画 クリスチャンベール PICTURES, LLC. 監督で脚本も手がけたアダム・マッケイが狙ったこととは、そのような「歴史の事実をいかにして風化させないか」ということだ。その際には、彼を育てたSNLが与えてくれた「風刺(サタイア)」を伴うコメディの風味が効いてくる。その上手さは、すでに彼の前作である『マネー・ショート』で示されていた。あるいは、彼が脚本家として参加した『アントマン』が、いわゆるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作であるにもかかわらず、それまでのヒーロー物とは(あるいはアンチヒーロー物)とはひと味異なる世界を生み出していることからもわかる。 そんなアダム・マッケイは、どうやら「崩れ行く塔」の姿に強く惹かれているらしい。もしかしたら、背後にはバベルの塔のイメージがあるのかもしれないが、「人間が築いたものが、人間によって破壊され、脆くも崩れ去る」というイメージだ。 vice 映画 クリスチャンベール この「塔」のイメージが、「心臓」と「フライ」に続く本作の3つ目の象徴である。前作の『マネー・ショート』ではCDO(債務担保証券)の説明に積み上げられたブロックを使っていたが、本作でそれに相当するのが、ティーカップとその皿.

com has been visited by 1M+ users in the past month. 」「2時間睡眠で10時間ぶっ続けで本を読むんだ、信じられないだろ。感情なんてない」と英Guardianに明かしていた。. バットマン役で蓄えた筋肉を今度は減量。実話がもとになったベトナム戦争下で捕虜となった米軍パイロット役になり切るために、クリスチャンは約30㎏も減量したとThe Chicago Tribune に語った。. 年9月11日、ワールドトレードセンターに旅客機が2機激突し、米国全体、そしてホワイトハウスは混乱に包まれていました。 地下に避難したブッシュ政権の閣僚たちは現状把握と対策に追われていました。 そんな中、副大統領のディック・チェイニーはエアフォース・ワンにいるブッシュ大統領の代わりに、危険とみなした航空機は撃墜しても良いという指令を出します。 そんな中、男の声でナレーションが入ります。 みんなが恐怖に包まれる中、チェイニーという男はこの事件を“チャンス”だと思い、そして全く目立たない存在でありながら世界を決定的に変えてしまったと。 時代は遡り、1963年。 若き日のチェイニーは名門イエール大学に入りながらも酒浸りで成績不良により退学。 さらには飲酒運転で捕まり、故郷のワイオミングで電気技師として働いていました。 イエール大学で出会った、後に妻となる恋人リンは成績優秀でしたが、時代と保守的な地域性のせいで、女性である自分が表舞台にのし上がるのは諦めていました。 彼女はチェイニーに自分の夢を託そうと彼を焚きつけます。 チェイニーは彼女と結婚し、娘も2人生まれ、期待に応えるために努力を重ねます。 ベトナム戦争の徴兵も、扶養家族がいることでなんとか免れるチェイニー。 そして1968年、ワシントンD. 『アメリカン・サイコ』から『マネー・ショート』まで、ベールの“外見変貌テク”史. 『バットマン』シリーズでムキムキな筋肉をつけたクリスチャンだが、今後はドラッグに溺れたボクシング選手を演じるために、英Daily Mail いわくスリムな筋肉へと肉体改造して約14㎏も減量した。 この時の減量はクリスチャンにとってそこまで苦ではなかったのか、「おかしいほど走っていたよ。何時間も走り続けたけど、すごく健康な気分だった」と、米Huffington Postに話していた。. 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』()のアダム・マッケイ監督とクリスチャン・ベールが再びタッグを組んだ、映画『 バイス 』が年4月5日(金)に公開される。.

See full list vice 映画 クリスチャンベール on cinemarche. ッ♪. 映画『マシニスト』から数ヵ月後には、『バットマン』シリーズのオーディションが始まったため、ピークで54㎏まで落とした体重から急激な増量を開始。 ヒーロースーツが似合うマスキュリンな筋肉をつけるために、なんと半年間で45㎏も体重を増やしたのは今でも有名な話。. クリスチャン・ベール主演×アダム・マッケイ監督。 ブッシュ政権時の悪名高き副大統領ディック・チェイニーの半生を描く社会派ドラマ。 バイス│番組一覧│映画専門チャンネル「ムービープラス」. 主演クリスチャン・ベール×監督アダム・マッケイ×製作ブラッド・ピット 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チーム再集結! ワイオミングの.

ALL RIGHTS RESERV. バイスの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスタッフ&キャストが再結集し. ! 伝記映画『vice(原題)』の米国版予告編が公開された。. Fill Your Cart With Color Today!

『ダークナイト』3部作などで知られる俳優クリスチャン・ベールが体重を約20キロ増量し、頭髪を剃って、元アメリカ副大統領ディック・チェイニーを演じる. 合衆国史上最大の権力を持ったと言われる、最凶の副大統領ディック・チェイニーの一代記『バイス』。 副大統領のことを「Vice President」と記すだけでなく、VIceには「悪徳」という意味もあります。 イラク戦争を起こし、ISISができる原因まで作ってしまった彼の物語は、普通に描けば恐ろしい悲劇にしか見えませんが、コメディ番組出身のアダム・マッケイ監督は「あんまり酷すぎて笑ってしまう事実を描いた超ブラックなコメディ」として作り上げました。 チェイニーとリンが何を考えていたのか、あえてシェイクスピア劇のように大げさに喋らせてみたり(この夫婦が『マクベス』のような関係であると表す意味もあります)、ブッシュ政権の閣僚たちが様々な憲法解釈の説明を受けるシーンを、レストランでの美味しい料理の説明のように演出してみたりと、バラエティのようなアクロバティックな演出が多々あり、テンポもよくグイグイ引き込まれます。 役者たちの演技も特殊メイクも素晴らしく、映画として一級品です。 猛毒のような恐ろしい話を、観客が飲み込みやすいようにオブラートでコーティングしてくれていますが、それでもガッツリと染み込んで消えないメッセージを残します。.


Phone:(237) 365-1244 x 8218

Email: info@myqq.rubuntu.ru